aとbで迷っているを英語で何という?

「aとbで迷っている」という表現は、日本語でよく使われるフレーズですが、英語圏ではどのように表現されるのでしょうか?

この記事では、そんな疑問にお答えします。

「aとbで迷っている」を英語で表現する方法

英語で「aとbで迷っている」という表現をする場合、一般的には「I’m torn between A and B」と言います。

ここでのtornは、「心を引き裂かれる」という意味を持ちます。つまり、「AとBの間で心を引き裂かれている」という意味になります。

また、「I can’t decide between A and B」という表現もよく使われます。

こちらは、「AとBの間で決められない」という意味です。

英語での類似表現

「aとbで迷っている」という表現に類似する英語の表現として、「I’m on the fence」というものがあります。

これは、「どちらにも傾かない、中立的な立場にある」という意味を持ちます。

つまり、AとBのどちらかを選ぶことができず、中立的な立場にあるという意味です。

また、「I’m undecided」という表現もあります。

これは、「決めていない」という意味で、「I can’t decide」のように、どちらかを選ぶことができないという場合に使われます。

まとめ

「aとbで迷っている」という表現は、英語圏では「I’m torn between A and B」や「I can’t decide between A and B」という表現が一般的です。

また、「I’m on the fence」という表現も、似た意味で使われます。これらの表現を覚えて、英語で自分の気持ちを伝えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です