Certain・specific・particularの違いについて解説!

 

今回は、Certain・specific・particularの違いについて解説していきます。

Certain,” “specific,” および “particular” は、いずれも異なるニュアンスを持つ単語ですが、共通点もあります。

この記事では、3つの違いを例文を交えて解説していきます。

Certain

 

“Certain”は、確かであると信じられていることを意味します。

事実や真実であることが信じられる状況、「確信している」という意味で使われることが多いです。

例文:

I am certain that I locked the door before leaving.

(出かける前にドアを施錠したことを確信しています。)

The scientist is certain about the accuracy of the experiment results.

(科学者は実験結果の正確性を確信しています。)

Specific

 

“Specific”は、「具体的な」という意味で使われます。

詳細に述べることができる事柄を強調し、何か特定のものや事柄を指し示すときに使用されます。

 

Can you give me specific instructions on how to assemble the furniture?

(家具の組み立てについて具体的な指示をくれますか?)

He made a specific request for a blue notebook.

(彼は青いノートを明確にリクエストしました。)

 

Particular

 

“Particular”は、「特に」という意味で使われます。

特定のもの、人、または事柄を指しますが、より特有で個別化された要素を強調します。

何か特定の条件や特性を持っている場合に使用されます。

 

She has a particular interest in art history.

(彼女は美術史に特別な興味を持っています。)

This dish requires particular attention to the spices.

(この料理はスパイスに特別な注意が必要です。)

 

Certain・specific・particularの違いまとめ

 

3つの単語の共通点として、”specific”と”particular”はどちらも何かを特定化することに焦点を当てています。

「specific」は具体的な情報を提供するのに対し、

「particular」は特定の特性や条件を強調します。

「Certain」は、信じられる事実や確信を示す場合に使用される点で、少し上の二つとは異なります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です