「integral」と「necessary」の違いについて解説!

今回は、「integral」と「necessary」の違いについて解説していきます。

“Integral”と”Necessary”は、”必要不可欠”という似た意味を持つ単語ですが、使われる場面において違いがあります。

この記事では、二つの違いを例文を交えて解説していきます。

Integral

 

“Integral”は、何かの不可欠な一部であり、欠かせない要素を指します。

他の要素と一体化して完全なものを形成し、欠けけることなく含まれることを強調します。

全体を構成する上で不可欠であるというニュアンスが強いです。

例文:

Teamwork is integral to the success of this project.

(チームワークはこのプロジェクトの成功に不可欠です。)

Communication is integral in building strong relationships.

(コミュニケーションは強い関係を築く上で不可欠です。)

 

Necessary

 

“Necessary”は、何かを避けることができない、絶対に必要なものを指します。

ある目標を達成するために不可欠な要件や条件を示します。

例文:

It is necessary to complete the training before starting the job.

(仕事を始める前にトレーニングを完了することが必要です。)

Cooperation from all team members is necessary to achieve the project’s goals.

(プロジェクトの目標を達成するために、全てのチームメンバーの協力が必要です。)

「integral」と「necessary」の違いまとめ

 

“Integral”と”Necessary”は、どちらも重要な要素を強調する言葉ですが、

“Integral”は完全なものを形成する欠かせない要素を指し、

“Necessary”は目標達成や特定の状況において避けることができない要件を指します。