occur/happen/causeの違いとは?それぞれの意味と使い方

英語において、「occur」「happen」「cause」という単語は、いずれも「起こる」という意味を持ちます。

しかし、それぞれ微妙な違いがあります。

本記事では、この3つの単語「occur」「happen」「cause」の違いについて解説します。

なお、「Rakumon」は小中高生、大学受験生が利用できる質問アプリです。

スマホやタブレットから、24時間いつでも質問でき、3回分の無料チケットもあるので、難関大に合格した先生に質問したい方は、ぜひ使ってみてくださいね!

勉強アプリ-Rakumonで家庭教師へ勉強質問

勉強アプリ-Rakumonで家庭教師へ勉強質問

ラクモン株式会社無料posted withアプリーチ

「occur」「happen」「cause」の違い

「occur」: 予期せぬ出来事が起こることを指します。例えば、地震や火災などの自然災害が起こることがあります。また、誤解や誤解釈などが生じることも、「誤解が生じる」と表現することがあります。

「happen」: 特定の事件や事象が発生することを指します。例えば、事故が起こったり、人々が集まってイベントを開催することがあげられます。

「cause」: ある出来事の原因となるものを指します。例えば、環境汚染が健康被害を引き起こすことがあげられます。

「occur」の意味と使い方

「occur」とは、「ある出来事が起こる」という意味を持ちます。

しかし、その出来事がどのような状況や場所で起こったのか、詳細な情報は含みません。

また、「occur」は比較的フォーマルな表現であり、日常会話ではあまり使われません。

例えば、「An accident occurred on the highway.(高速道路で事故が起こった。)」という文があります。

「happen」の意味と使い方

「happen」も、「occur」と同様に出来事が起こることを表しますが、より日常的かつカジュアルな表現です。

また、「happen」は、ある出来事が偶然に起こったことを強調する場合にも使われます。

例えば、「I happened to meet my old friend at the supermarket.(スーパーマーケットで偶然、昔の友人に会った。)」という文があります。

「cause」の意味と使い方

「cause」とは、「原因を作る」という意味を持ちます。

つまり、「cause」はある出来事が起こる原因を表します。

「cause」は、主語が意図的にある出来事を引き起こした場合に使われます。

例えば、「Smoking causes lung cancer.(喫煙は肺がんの原因となる。)」という文があります。

「occur」「happen」「cause」の違いとそれぞれの使い分け

「occur」「happen」「cause」ともに「起こる」という意味を持ちますが、使い分けが必要です。

「occur」は比較的フォーマルな表現であり、あまり日常会話では使われません。

「happen」は、よりカジュアルな表現であり、「偶然に起こった」というニュアンスを持ちます。

「cause」は、「原因を作る」という意味であり、ある出来事が起こる原因を表します。

正確な単語の使い分けを意識して、英語表現に慣れていきましょう。