Otherとanother 例文や使い方の違いをご紹介

 

「Other」と「another」は文法で紛らわしい表現の一つです。

本記事ではOtherとAnotherの違いや例文を紹介していきます。

「other」の例文

 

”Other”は、複数のものやグループの中で、特定のものとは異なるものを指すときに使われます。

例えば、以下のような場合に使います。

例文:

  • “I have two books. One is a novel, and the other is a science textbook.” (私は本を2冊持っています。1冊は小説で、もう1冊は理科の教科書です。)
  • “She is interested in art and music, among other things.” (彼女は芸術や音楽など、他の様々なことに興味を持っています。)

「another」の例文

 

“Another”は、同じ種類やタイプのものをさらに追加する場合に使われます。

1つのものを指していることを強調するときに使われることが一般的です。

例文:

  • “I have already had a cup of coffee, but I’d like another one, please.” (私はすでに1杯コーヒーを飲みましたが、もう1杯お願いします。)
  • “He has a cat, and he’s considering getting another one.” (彼は猫を1匹飼っていますが、もう1匹飼うことを考えています。

まとめ

要約すると、「other」は異なるものを指す際に使われ、複数の選択肢の中から特定のものを示すのに対して、「another」は同じ種類やタイプのものをさらに追加する際に使われることが一般的です。

この表現は、受験英語にもよく出てくる頻出表現になります。

例文や使い方の違いをしっかりマスターして英語力を向上させていきましょう。

 

なお、「Rakumon」は小中高生、大学受験生が利用できる質問アプリです。

スマホやタブレットから、24時間いつでも質問でき、3回分の無料チケットもあるので、ぜひ質問したい方は使ってみてくださいね!

勉強アプリ-Rakumonで家庭教師へ勉強質問

勉強アプリ-Rakumonで家庭教師へ勉強質問

ラクモン株式会社無料posted withアプリーチ