seeminglyとapparentlyの違いについて解説!

今回はseeminglyとapparentlyの違いについて解説していきます。

一見二つとも似たような意味を持つ単語で難しいですが、この二つの単語には意味や使い方に違いがあります。

本記事ではわかりやすく解説していきます。

Seemingly(見たところでは)の意味・例文

 

この副詞は、何かがある特定のように見える、あるいはそのような印象を与えるときに使われますが、それが確認されたり完全に検証されたりしていない場合に使われます。

この言葉は、観察した結果、ある程度不確実であったり疑いの段階がある場面で使われます。

Seeminglyの例文

 

The new employee was seemingly nervous during the job interview, but once hired, she proved to be confident and capable.

(新しい社員は面接中に見たところでは緊張していたが、一度雇われると、彼女は自信に満ちていて能力があることがわかった。)

The magician performed a series of seemingly impossible tricks that left the audience astonished.

(マジシャンは見たところでは不可能なトリックの連続を行い、観客を驚かせました。)

Apparently(明らかに)の意味・例文

 

この副詞は、証拠や情報に基づいており、それが真実または確実であるように見えるときに使われます。

Seeminglyと比べて、情報が正確である可能性が高い場合に使われます。

 

Apparentlyの例文

 

The company’s profits have dropped significantly, apparently due to increased competition.

(明らかに、その会社の利益は大幅に減少しており、競争の激化が原因のようです。)

Apparently, the company is planning to launch a new product next month.

(どうやら、その会社は来月新しい製品を発売する予定だとのことです。)

seeminglyとapparentlyの違い

 

全体的に、2つの単語の主な違いは、観察が利用可能な証拠に基づいているかどれだけよくサポートされているかにあります。

“Seemingly”→ある物事に対して少し疑っている場合に使うことが多く不確実である

“apparently”→高い確率で正確であり、信頼できる情報である場合に使う

まとめ

 

ApparentlyとSeeminglyでは情報に対する確実性が違い、使い分ける必要があります。

このような違いを踏まえて英語を正しく使っていきましょう!